Loading

BLOG

パロサントの人気はなんと言ってもその香り!

パロサントの香り 火をつけて煙をだす

パロサントの香りはすごい!

パロサントの話題をよくマスコミなどで聞くようになりました。
オシャレな若い世代の間でブームになりつつあります。

当ショップでも昨年6月から販売しています。
最初はあまり自分が使おうと思いませんでしたが、
最近仕事をしながらパロサントを焚くのが習慣になりました。

なぜか魅力があるんです。

一番好き好きなのはその香りです。
デスク横のサイドテーブルに
専用のトレイと一緒に常備しています。

甘いツンとしたその香りはクセになります。
本当にすごいです。

あくまでも体感的にしか言えないのですが、
パロサントは香りの伝達スピードが早いです。

香りのメカニズムはむずかしい

パロサントの香木にライターで火を着け、
いったん炎を消すと煙が立ち上がりますが

パロサントはいきなり香りが鼻を刺激します。

人間がニオイを感じるメカニズムは
まだ完璧には解明されていませんが、

香りやニオイなどの分子が空気中から鼻に入り
鼻の中の粘膜に付着してニオイの分子と受容体とが
結びついて、脳に伝達するという仕組みになっているそうです。

混ざり合ったニオイ成分が鼻の中に入ってくると、鼻の嗅上皮に約1000万個あるセンサー(嗅細胞)が感知して、その電気信号が大脳に送られて、ニオイを感じることができます。これがいわゆる“嗅覚”です。嗅覚によって生き物は、“おいしそうなにおい”を生きるのに大切な食べ物と判断したり、“くさったにおい”を体に害のあるものとして拒絶したり、今までかいだことのない“不思議なにおい”を警戒したりします。したがって、嗅覚は生き物が生きていく上で欠かすことのできない大切な感覚なのです。

消臭剤のエステー https://products.st-c.co.jp/plus/question/answer/01.html

上記芳香剤メーカーのホームページに載っていた説明です。

私たちが感じるニオイの種類も約40万種類もあるそうです。
それを脳で感じるのですが、人によっては感じ方が違うので、
一概にニオイや香りは、良い悪いの基準が違います。

例えば
一日履いた靴下を人はよく嗅ぎますが、
あれはけっして臭いわけではありません。
臭ければ絶対に靴下のニオイは確かめないからです。

でも、赤の他人の靴下は絶対嗅ぎません。
臭いからです。

ニオイや香りは感じる主体の影響も
あるってことですね。

パロサントとは

南米ペルーに自生する天然の香木で「聖なる樹」と呼ばれています。
用途はヒーリングや浄化のために、インカ帝国の時代から儀式に
シャーマンたちが使い始めたもので、
その後もスペイン人の宣教師が西洋文化圏に広めたとされています。

スピリチュアルな人たちの間で使われていますが、最近
ネット上でジワッとパロサントの人気が広がっています。

パロサントの樹は樹脂を豊富に含んでいるため、
わずかな木片だけでも濃厚な甘い芳香を放つので、
そのまま置くだけで香りを楽しむことができます。

皿やカゴの上に置いて、お部屋の芳香剤として使うことができます。

パロサント トレイセット

ストレスを感じたとき目覚めるパロサントの香り

 

当ショップではドライフラワーの販売だけでなく、
企業の広告に関するメディアの制作もすることがあります。

今月も企業のプロジェクトにかかわったがために
PCデスクの前で長期にわたり作業をしていました。

休憩時間や少し頭を休めよう! と思ったとき
サイドテーブルに置いてあるパロサントスティックに
火を付け煙を燻して、ツンとくる甘い香りに癒され
頭の中をスッキリとさせるわけです。

 

ミニバラとエリンジュームの春色バスケットアレンジ 【ハンドメイドキット】2月のアトリエキット

ミニバラとエリンジュームの春色スワッグ 【ハンドメイドキット】2月のアトリエキット

関連記事

  1. マリーゴールドのオレンジが好きです

    2021.08.03
  2. 桜が満開のこの季節なぜか気持ちは・・だからあえて桜を調べる

    2021.03.29
  3. 2019 夏 リース 販売開始! 夏をサキドリ!

    2019.05.22
  4. フラワーピックは考え方次第。手作りできます01

    2021.01.15
  5. コッペクラフトワークのバックヤード vol.1

    2017.05.19
  6. 披露宴を演出するフラワーアーチの制作

    2020.12.11
PAGE TOP