Loading

BLOG

花市場でよくみる【花き】という漢字

花市場のイメージ

花市場でよくみる【花き】という漢字

花市場に行くと気にはなっていました【花き】という文字。

最初はなんだか分からなくて、その看板がある方に進むと
花の仲卸が店を連ねているので、単にその花屋や卸業者全般の意味なんだろう!
ぐらいにしか思っていませんでした。

でも分からなくてずっともやっとしていました。

【花き】は正式には【花卉】

花卉【卉】が常用漢字にないために
ほとんどの人が読めません。

そのために花きと市場では表示されています。

花卉は、いまだによく分からないのですが、
どうやら【花の咲く草】という意味になります。

余計に分からなくなります。

農林水産庁の花を扱う部署は
「花き産業振興室」

花を作っている全国農家の組織は
「日本花き生産協会」
なんと【花き】とは正式な言葉なんです。

花卉園芸学という教科書には
【卉】きすべて草のという意味。
したがって【花】と【卉】で私たちが認識している
草花の公式な総称になります。

農業高校の教科書は【花き】は【草花】と
表記されています。

切り花、葉もの、枝もの、鉢もの、花壇苗、植木類から芝生までの
幅広い植物のことを花卉として使っているのです。

それで市場では花卉もしくは花きという言葉を
表記しているわけです。

私たちはほとんど使いませんが。

 

【ドライフラワー ハンドメイドキット】作り方 雪柳のアレンジメント

柔らかなパステルイエローのバラとライムグリーンの紫陽花を合わせた優しい色調のリースとアレンジ【ハンドメイドキット】

関連記事

  1. フラワーショップ経営の基礎知識

    2020.02.17
  2. 当店のショップレビューはどうなってる?

    2020.08.28
  3. 花産業の流通について01

    2021.01.25
  4. 日本人が消費する花の数を知っていますか?

    2021.01.03
  5. 今日は一年で1番寒い日、花市場は熱気でいっぱいでした。

    2021.01.20
  6. マスコミとドライフラワーの仕事をする

    2021.01.14
PAGE TOP