Loading

BLOG

植物の分類法【目】【科】【属】【種】

植物の分類法

あの面倒くさそうな分類法について

植物を調べていると必ず文書のどこかに
あの面倒な

植物界 Plantae
被子植物門 Magnoliphyta
双子葉植物綱 Magnolipsida
バラ目 Rosales
バラ科 Rosaceae
バラ属 Rosa
モッコウバラ R. banksiae

分類法が出てきます。
これがあるだけで、調べる気が失せます。
ただ、よくよく調べてみるとこれが便利なのがわかるのです。

上記はモッコウバラの分類法です。

1番上、一行目ですが【界】
これは植物であるという意味です。
ですから界はひとつのグループです。
植物か動物かという最上位の区分です。

次が【門】です。
植物は裸子植物か被子植物のどちらかなのです。
学校の生物の授業で習った記憶が・・
早い話、植物であれば、このどちらかの植物に
なるわけです。

三行目【綱】読み方は「こう」。
単子葉植物か双子葉植物の違いです。
芽が出てくるときに子葉が、1枚で出てくるか
双葉で出てくるかの違いです。

ここまで分類法を見てくると少し納得しますね。

分類法は戸籍と同じであるそうです。
東京都千代田区千代田1-1-1
この住所が日本にふたつと無いのと同じで、
分類された植物はからなず分類されています。

日常的に必要なのは【科】以下だそうです。
科は親戚にあたるそうで、いわばファミリーだそうです。
その花が何科かわかれば花の性格がわかります。

科の下が【属】またその下が【種】ふたつで
学名が付けられています。
私たちの苗字と名前にあたります。

植物の分類は18世紀にスウェーデンの博物学者リンネ
によって確立されて、その後いろいろな研究によって
体系化されています。

元の名前はラテン語でつけられています。

「名も無き野に咲く花」というフレーズがありますが
これはありえないということでしょうか!
ときどきニュースで新種が見つかった、というのがありますが、
これだけでも、人間が植物に対して探究心を持って
関わっているということです。

昆虫や天体とか物質・・・ もちろん、もろもろありますけど

※花の小辞典 農文協

ミモザ完売!・・でした。

【どんど焼き】無病息災を祈ります

関連記事

  1. よみうりランド【ジュエルミネーション】カップルでクリスマスを楽しむ!

    2020.10.27
  2. 日本人が消費する花の数を知っていますか?

    2021.01.03
  3. ❗️大切なお知らせ❗️-3/8〜6/5にお届けした セミオーダーリースに使った花…

    2019.06.25
  4. 花市場でよくみる【花き】という漢字

    2021.01.18
  5. 続・八ヶ岳ドライブで立ち寄る【花と雑貨のお店】山梨県清里 萌木の村

    2020.09.11
  6. しめ縄飾りはいつまで飾る?

    2021.01.07
PAGE TOP