Loading

BLOG

今年の5月は「母の月」について賛同いたします!

5月は母の月のデザインイメージ

今年は5月10日の母の日だけでなく、5月を1カ月丸ごと「母の月」

新型コロナウイルスの影響で花やの業界は大変な販売不振に
みまわれています。
卒業式や入学式の中止など春に見込んだ重要が
一気に無くなったためにフラワー業界は
前代未聞の販売不振に陥っています。

来月の6日の非常事態宣言まで
多くの店はしめています。
そして、フラワーショップにとって
1年間の1番のハイシーズンはなんと言っても
「母の日」です。

この状況を踏まえて
業界では5月10日の母の日と併せて
5月自体を母の月という提案をしています。

お母さんを思う気持ちは大切なこと
それを商売に絡めてしまうのはよくはありません。
しかしながら、今年だけはそんなことは
言ってられません。

生花店の店頭が「三密」の環境になってしまうことを避け、お客様の安全、
生花店で働くスタッフの安全というソーシャルディスタンスの問題、
そして配送業者にフラワーギフトが集中し混乱を招く事態を考慮し、
母の日」を日だけでなく、1ヶ月間に分散する「母の月」とすることへのご理解を、
生活者の皆さまへ求めていくこととしました。

こちらは業界団体から発信されたリリースの一文です。

確かに5月に入るとネットショップは一斉に注文を宅急便で
発送します。毎年母の日当日は大混雑になっています。
今年はただでさえ外出を控える傾向であるから
ネットでの買い物が増えて、物流関係者は忙しいはず。

そこに母の日の商品が加われば大変なことになります。

そのことを思えば1日に集中する母の日を母の月に
気持ちを切り替えることは大切なことであると感じます。

4月中旬の花市場の店頭
ちなみに上記の写真は先週世田谷の花市場に行ったときの写真です。
お店の前のスペースは通常ならば花がいっぱいに展示されているのですが
何気に空間が目立っていました。

とても悲しい状況です。
なんとか耐えて、たくさんの花が陳列された
賑わいのある花市場が戻って来るように祈るばかりです。

散歩をかねて集めた森の草花でスワッグを作る!

センニチコウ【千日紅】花言葉は、変わらない愛情

関連記事

  1. コッペクラフトワークのバックヤード vol.2

    2017.05.29
  2. 八ヶ岳ドライブで立ち寄りたい 【花と雑貨のお店】

    2020.07.31
  3. 【ドライフラワー】春にオーダーの多い花の色は?

    2020.02.28
  4. 手作りキット発送準備

    2017.04.15
  5. 7月のアトリエキットの紹介 ドロップ型のホワイトシェルリース 【ライムグリーンと…

    2020.07.10
  6. おうち時間ですごすみなさまへ! ヘリクリサムのリース10名様プレゼント

    2020.04.10
PAGE TOP